ヘモグロビンの存在

ヘモグロビンA1Cの存在

ヘモグロビンA1Cの存在とは

ヘモグロビンA1Cという言葉をお聞きになり、聞いたことがあると思われる方も多いことでしょう。それもそのはず、この言葉は、特に糖尿病の診断や治療においては、お馴染みのものだからです。正確には、言葉より「数値が」重要です。正常な値は、年代や性別などでも異なりますが、4.3%から5.8%と言われています。6.5%を超えてしまったら、糖尿病の疑いが強く疑われることになります。ヘモグロビンA1Cとは、血管の内部で、ヘモグロビンとブドウ糖が結びついたものです。検査では、約1ヵ月から2ヵ月前の血糖値が推定できます。

↑PAGE TOP